「為替デリバティブ」リスクを回避する方法 弁護士 本杉明義

弁護士による為替デリバティブ被害の救済

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • 費用
03-3556-7441
  • HOME
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 選ばれる理由
  • 解決の流れ
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • メディア掲載
  • 最新情報
  • HOME
  • メディア掲載
  • 2010年12月14日「為替デリバティブ 中小倒産急増円高で多額の損失」(毎日新聞)

毎日新聞にコメントが掲載されました(2010 / 12/14号)

見出し

為替デリバティブ 中小倒産急増円高で多額の損失

 

概要

大手銀行が中小企業に販売した「為替デリパティブ」と呼ばれる金融商品が、急激な円高によって多額の損失を発生させ、倒産や経営危機に陥るケースが続出している。信用調査・帝国データバンクによると、デリバティブ損失は円高関連倒産の3分の1以上にも上り、金融庁も実態調査を始めた。


mainiti.png


為替デリバティブ被害の法律相談のご予約 麹町大通り総合法律事務所 03-3556-7441

弁護士費用

ご相談の流れ

サイト全体の目次

  
 HOME 当事務所が選ばれる理由 当事務所の解決事例 相談相手の選び方
被害の実態と問題点 為替デリバの解決方法 金融ADRによる解決 民事訴訟による解決
ご相談から解決までの流れ 業務内容と弁護士費用 事務所紹介 お問合せ