「為替デリバティブ」リスクを回避する方法 弁護士 本杉明義

弁護士による為替デリバティブ被害の救済

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • 費用
03-3556-7441
  • HOME
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 選ばれる理由
  • 解決の流れ
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • メディア掲載
  • 最新情報
  • HOME
  • メディア掲載
  • 2012年 3月 1日近時の為替デリバティブ取引を巡る紛争(ビジネス法務

ビジネス法務に記事が掲載されました(2012.5)

見出し

「近時の為替デリバティブ取引を巡る紛争」~中小企業と金融機関の対立~

 

概要

為替デリバティブ取引を巡る紛争案件は、多くが金融ADRに持ち込まれ、一部が民事裁判になっている。金融ADRは、短時間で一定割合の紛争が解決されており、成果をあげているものの、議論の対象が特定の論点に偏っている傾向があり、結論において過去の損害の賠償にまでほとんど至っていないという限界がある。また民事裁判は、裁判官がこの種の商品に対する理解度が低く、まだ基準となるような判決例が出ていない。
今後は、民事裁判になるケースが増えていくと予想される中、まだ十分に議論されていない論点をまとめてみた。

 

掲載記事

bijinesuhoumu1.jpg

bijinesuhoumu2.jpg



bijinesuhoumu3.jpg


bijinesuhoumu4.jpg

為替デリバティブ被害の法律相談のご予約 麹町大通り総合法律事務所 03-3556-7441

弁護士費用

ご相談の流れ

サイト全体の目次

  
 HOME 当事務所が選ばれる理由 当事務所の解決事例 相談相手の選び方
被害の実態と問題点 為替デリバの解決方法 金融ADRによる解決 民事訴訟による解決
ご相談から解決までの流れ 業務内容と弁護士費用 事務所紹介 お問合せ